メールアドレス

© 2018 by 自由律俳句協会.

自由律俳句の系譜

そねだゆ

歴史的には、主に江戸時代に栄えた俳諧が、その連歌から生まれました。

連歌は、発句という初句が5・7・5であり、元々俳諧とは、滑稽とか戯れという意味があり、機知を競うものでしたが、その発句だけを独立させて、俳諧の滑稽機知を競うのではなく、松尾芭蕉や上島鬼貫が同時期に発見した「風雅の誠」により、俳諧の文学化が始まった。

明治になり、正岡子規が、芭蕉や蕪村の俳句の研究から「写生」という「取材」の重要性を取り入れます。

こゝから高浜虚子の定型俳句の方向が定まり、一方では、河東碧悟桐が新傾向俳句という従来の俳句の決まりごとを排した俳句の方向性を示した。

この後、明治末に荻原井泉水が結社「層雲」を立ち上げ、中塚一碧樓が「海紅」を立ち上げ、その他にも荻 原蘿月の「感動律」(後に口語俳句になる)、現白ゆり句会、また、吉岡禅寺洞が「天の川」で無季や口語自由律を唱えた。

また静岡の田中陽は「主流」で人間的発想を現代語でと主張しました。

仙台には、層雲系の「花野句会」、名古屋の城の会、萌、浜松の「松の会」や「茉莉花」があります。

荻原井泉水が始めた「層雲」は、井泉水没後、「随雲」と名を変えて数年続きましたが、やがて内部で意見の対立があり、「層雲」と「層雲自由律」に分裂し今日に到っています。

「ぎんなん」、北田傀子の「草原」や大阪の「青穂」は層雲系ですが、意見の対立で、これも分裂したものです。大阪の「エトレ句会」、東京の「しらさぎ句会」、「泉の会」、「眉」、倉敷の「赤壺詩社」、宇都宮の「かみなり社句会」 、「阿良野句会」、鳥取の「きやらぼく」、大分の「紅波」、兵庫の「でんでん虫の会」、山口の「周府一夜会」や「群妙」、北九州の「新墾」、その他また、一碧樓の影響があると言われる「青い地球」は「赤壺」や吉岡禅寺洞の「形象」があります。

また、東京新宿に北大路京介のアングラ句会などがあります。
 

 現代のネット句会では、今はお休みの「鉄塊」、「ア・ぽろん」、「千本ノック」、さらに自由律俳句+定型俳句もある「ネット句会Q」、あるいは、「週刊俳句」などがありますすが、自己流の、あるいは日々の想いを書き綴る「つぶやき」を個人のブログに載せる多くのサイトがあります。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now